本文へスキップ

九州大学 先導物質化学研究所 高原研究室

Japanese / English

〒819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学 先導物質化学研究所 

プロフィールprofile

檜垣 勇次

写真


名前 檜垣 勇次 (ひがき ゆうじ)

所属 九州大学先導物質化学研究所 分子集積化学部門
役職 助教
居室 CE41棟 208号室
TEL  092-802-2516
FAX  092-802-2518
MAIL y-higaki[at]cstf.kyushu-u.ac.jp
 →Japanese CV →English CV
 →九州大学 研究者情報
 →ResearcherID
 →Google Scholar
 →ロゴ動画 (300MB)


ひとこと

 基礎科学研究と教育活動による社会貢献を夢見て、企業社員から大学教職員に転身しました。
 新規高分子の分子デザインと合成、構造解析、物性評価を基礎的な視点からを行い、放射光や中性子線を駆使した先端研究による新たな研究領域の開拓を目指しています。
 企業での研究開発経験を活かして産学連携研究にも積極的に取り組み、基礎研究を実用化につなげる活動も行っています。

略歴

  1997年3月        福岡県立筑紫ヶ丘高校 卒業
  2001年3月        九州大学工学部応用物質化学科 卒業
  2003年3月        九州大学大学院工学府物質創造工学専攻修士課程 修了
  2003年4月        日本学術振興会特別研究員(DC1)採用
  2006年3月        九州大学大学院工学府物質創造工学専攻博士課程 修了
  2006年4月-2011年6月   帝人株式会社
  2011年7月-現在      九州大学 先導物質化学研究所 助教
  2013年4月-2015年3月    JST ERATO 高原ソフト界面プロジェクト グループリーダー

取得学位

  博士(工学) (九州大学)(2006年3月)   

研究分野

  高分子材料科学・表面科学

最近の主たるテーマ

  (1) 高分子電解質ブラシの水和膨潤状態と表面物性評価
  (2) 高分子ナノ構造体における分子鎖凝集構造と構造形成機構の解析
  (3) エラストマー,高分子複合材料の変形過程における構造変化と力学物性

所属学会

  高分子学会
  日本化学会
  繊維学会
  日本MRS
  日本接着学会
  日本ゴム協会
  放射光学会

兼務

・理化学研究所 播磨研究所 客員研究員
・カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 水素製造部門 研究者

     

受賞

2016年 1月   第25回日本MRS年次大会 奨励賞
        「ポリアンモニウムカチオンブラシの水和状態と対イオンのホフマイスター効果」

2015年 6月   平成27年度繊維学会年次大会 若手優秀発表賞
        「電界紡糸ポリブチレンテレフタレート繊維の昇温過程時分割X線構造解析」

2014年10月   The Award for Encouragement of Research in IUMRS-ICA 2014
         “Anti-biofouling Properties of Super-hydrophilic Polyelectrolyte Brushes”

2014年 5月   公益社団法人高分子学会 高分子研究奨励賞
        「非縮合系植物由来高分子材料の分子設計と特性解析」

最近の原著論文(5編のみ抜粋)

1. Y. Higaki, M. Kobayashi, D. Murakami, A. Takahara
“Anti-Fouling Behavior of Polymer Brush Immobilized Surfaces”
Polymer Journal, 48, 325-331 (2016). [ Focused Review ]

2. Y. Higaki, J. Nishida, A. Takenaka, R. Yoshimatsu, M. Kobayashi, A. Takahara
“Versatile Marine Organism Settlement Inhibition of Zwitterionic Polymer Brushes”
Polymer Journal, 47, 811-818 (2015). [ Featured Article ]

3. Y. Higaki, K. Suzuki, Y. Oniki, K. L. White, N. Ohta, A. Takahara
“Molecular aggregation structure evolution during stretching of environmentally benign lysine-based segmented poly(urethane-urea)s”
Polymer, 78, 173-179 (2015)

4. Y. Higaki, K. Hatae, T. Ishikawa, T. Takanohashi, J. Hayashi, A. Takahara
“Adsorption and Desorption Behavior of Asphaltene on Polymer Brush Immobilized Surfaces”
ACS Appl. Mater. Interfaces, 6, 20385-20389 (2014)

5. Y. Higaki, R. Okazaki, T. Ishikawa, M. Kikuchi, N. Ohta, A. Takahara
“Chain Stiffness and Chain Conformation of Poly(α-methylene-γ-butyrolactone) in Dilute Solutions”
Polymer, 55, 6539-6545 (2014)

招待講演

1. Molecular Design and Precise Characterization of Fluoropolymers for Stable Liquid Repellency; Fluoropolymer 2016; Harrah’s Hotel and Conference Center, New Orleans, LA USA; 2016.10.02.

2. Anti-fouling Properties of Polymer Brush Nanocoatings to Marine Fouling Organisms; 10th International Materials Technology Conference & Exhibition (IMTCE2016); Putra World Trade Centre, Kuala Lumpur, Malaysia; 2016.05.17.

3. Precise Morphology Analysis of Diblock Copolymers with Fluoroalkyl Side-chains; 21st International Symposium on Fluorine Chemistry; Via Valleggio, Como, Italy; 2015.08.25

4. Anti-fouling Property of High-density Polymer Brushes for Marine Organisms; International Symposium on Materials for Enabling Nanodevices (ISMEN2014); National Cheng Kung University, Tainan, Taiwan; 2014.09.05.

5. Structure Analysis of Polyurethane Elastomers by in-situ Simultaneous SAXS/WAXD measurement under Uniaxial Stretching; ENSCM salle de conference (Montpellier, France); 2013.09.16.

6. Design and Characterization of Environmentally Benign High Performance Segmented Polyurethanes; 高タフネス材料ワークショップ; 東京大学工学部6号館63号講義室; 2013.09.04.

7. 熱可塑性ポリウレタンエラストマーの一軸伸張過程における分子鎖凝集構造変化; 九州地区高分子若手研究会・夏の講演会; アルモニーサンク(福岡県北九州市); 2013.07.05.

8. ポリ(α-メチレン-γ-ブチロラクトン) の分子鎖凝集構造と固体物性の評価; 高分子学会九州支部フォーラム; 九州大学, 伊都キャンパス, 稲盛財団記念館, C会議室; 2013.02.23.

9. ポリ(α-メチレン-γ-ブチロラクトン)の分子鎖凝集構造と耐摩耗特性; 高分子学会九州支部フォーラム〜進化する高分子ナノ材料科学〜; 九州大学, 伊都キャンパス, CE40棟; 2012.03.10.

10. Molecular Aggregation Structure and Mechanical Properties of Densely Grafted Poly(α-methylene-γ-butyrolactone) Brush; The 17th International Workshop on Future Molecular Systems 2012; Kyushu University, Ito Campus, CE40 2F Seminar Room; 2012.02.06

趣味

  音楽【サックス(Jazz)】,テニス,登山


Takahara Lab (高原研究室)高原研究室

〒819-0395
福岡市西区元岡744 CE41棟 2F
九州大学 先導物質化学研究所
TEL 092-802-2516
FAX 092-802-2518
 →アクセス -ACCESS-